スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ、神戸の再試合要求却下 

先日書いた「柏対神戸」戦での誤審騒動で出された再試合要求は結局却下されました。
まあ、今までからすれば当然の結果ではありますが、今回はこの試合を担当した審判団は数試合外れるそう。
一向に誤審騒ぎは収まらないけど、とりあえず処分が公開されたことは小さいながら一歩前進したのかな。
今回の誤審(ルール適応ミス)については結構再試合すべきという意見が結構あったのでちょっと驚いた。
確かにミスはあって本来なら有利に立てたのにそうはならなかった、もし応援してるチームがそういう状況になったとしたら再試合すべきと思うとは思う、でも今回と同じ状況だったら再試合にならなかったからといってこの決定は間違ってるとまでは思わないと思う。

(実際にはこの試合を見てません、聞いた話だけで書くので違ってる部分もあるかもしれません)
まず今回は悪質なファールによる1発退場ではなく、交代時にピッチを歩いて出ようとしたので遅延行為として警告を出して2枚目ということ。
この結果退場で交代は認められないのに退場宣告がなかったのでそのまま交代して再開。
この結果11人対11人で試合をしたわけですが神戸としては1人少なくなるべきなのに減らなかったのだから再試合を要求。
たしかに分からなくもない、でも11人対12人になったわけではなく同じ11人対11人だったということ。
状態だけみれば開始時と同じ状態なわけで著しく不公平な状態にはなっていないと思う。

確かに誤審、でもこれだけを敗因にするには事態が起こった時間的にも無理があると思う。
一人よがりの意見になるとは思うがこれで再試合が認められるならこの前のナビスコ杯「浦和対千葉」で開始1分でハンドで得点になった試合も再試合にしてもらわなければ納得は出来ないと思う。
少なくともこっちは結果に直接絡む誤審だったし。

だいぶ変に長くなりましたが結局は今年はこのくらいでは再試合には出来ないだろうということ。
すでに誤審でおかしくなった試合は何試合もあるのでいまさらこの試合だけ再試合に出来なかったというのが本当のところだと思う。

今年は誤審が多かった、だからこそ来年からは判定について抜本的な改革が必要だと思う。
長くなったのでこれについてはまたいつか書こうと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://inugami2.blog27.fc2.com/tb.php/10-aad805bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。